訪問医療マッサージ、ケアプラン作成、福祉用具レンタル・販売、通所介護

福祉用具販売・レンタル

 

福祉用具

販売・レンタル

 

【特定福祉用具販売】

【特定介護予防福祉用具販売】
 事業所指定番号 1472101839

 

販売についてはこちらから
レンタルについてはこちらから

 

販売について

   福祉用具・介護用品をご購入されるにあたり、介護保険が適用となる商品もあります

これらを介護保険購入対象商品と呼んでいます。

 

介護保険購入対象商品は、平成18年4月の介護保険法の改正により、

都道府県知事より指定を受けた特定福祉用具販売事業者、又は

特定介護予防福祉用具販売事業者から購入する必要があります。

指定を受けた事業所からの購入でなければ償還(給付)を

受ける事ができなくなりましたのでご注意ください

 福祉用具・介護用品は、健常者が利用する一般の商品に比べ高価な物がほとんどです。

せっかく購入しても、お身体の状態に合わなかったり、住宅環境に合わなかったのでは、

無駄な買い物になってしまいます。

 アシスタンスの福祉用具専門相談員は、

在宅機能訓練も行なっているスタッフが担当しています。

このため、身体状況・住環境への適合といった問題にも的確に対応することができます。

 介護保険が適応とならない商品も取り扱っておりますので、お気軽にご相談下さい。

 

介護保険購入対象種目

腰掛便座
特殊尿器
入浴補助用具
簡易浴槽
移動用リフトのつり具部分
市区町村によって、さらに対象種目が設定されている場合があります。
カタログをお渡しいたしますのでご連絡ください。

 

居宅介護福祉用具購入費

居宅介護福祉用具購入費という制度は、介護保険購入対象種目を購入した場合に、実際の購入費の
9割が支給される制度です。
なお、毎年4月1日から12ヶ月を管理期間とした居宅介護福祉用具購入費支給限度基準額が定められ、
管理期間の支給額総額は基準額の9割が限度となります。
また、同一種目で用途や機能が類似した用具については、管理期間内に基本的に1回の支給が原則と
なります。

 

ご利用方法

1:相談の受付

 ご利用をお考えの品目がございましたら、ご連絡下さい。
 カタログをご希望の方は、ご郵送致します。

2:担当ケアマネジャーさんに連絡

 ご利用者様のケアマネジャーさんと連絡を取ります。
 居宅支援事業所とお名前がお分かりでしたら、教えて下さい。

3:購入品目の決定

 品目が決まりましたら、メーカーに注文致します。
 納期と金額は事前にお伝えします。

4:納品

 ご都合のいい日時を調整、ご自宅までお届け致します。
 用具の利用方法・取扱い方法・注意事項等をご説明致します。

5:集金

 納品時に商品代金を集金させて頂きます。

6:申請手続き

 介護保険対象の福祉用具は、申請手続きすれば、
 年額10万円を限度として自己負担一割で適用されます。

7:介護保険期間・各市区町村窓口への申請書類提出

 アシスタンスの担当スタッフが、ご利用者様の担当ケアマネジャーさんと連携を図り作成致します。

8:払い戻し

 2〜3ヵ月後に9割が払い戻されます。

 

オムツ類定期配達制度

オムツ、尿パット、リハビリパンツなどは、毎日数枚使用するものです。
このため、買い置きする必要が出てきて、大きな段ボールがお部屋の中を占拠してしまうこともしばしば。
こんな時、アシスタンスの定期配達制度をご利用下さい。
お電話1本で、必要な量だけお届け致します。
ご注文の品目、数量、サイクルが決まれば定期的にお届け可能です。
オムツ類の買い置きのスペースで頭を悩ませている方にはうってつけです。

 

 

レンタルについて

   介護保険制度を利用すると、福祉用具をレンタルすることが可能です

ただし、どんなものでもレンタルできるわけではありません。

また、ケアマネジャー様が必要と判断し、ケアプランに組み込むことも必要です。

さらに、せっかくレンタルしたのに、お身体の状態に合わない、

住宅環境に合わない等の理由で使用しないことさえあります。

 

 アシスタンスの福祉用具専門相談員は、在宅機能訓練も行っているスタッフが担当しています。

このため、ケアマネジャー様との連携、身体状況・住環境への適合といった問題にも

的確に対応することができます。

 

 

レンタル対象品目

車椅子(特別な事情をのぞき、要介護2〜5の方がご利用可能です。)
車椅子付属品
特殊寝台(特別な事情をのぞき、要介護2〜5の方がご利用可能です。)
特殊寝台付属品
床ずれ防止用具
体位変換器
手すり
スロープ
歩行器
歩行補助杖
認知症老人徘徊感知器
移動用リフト(吊り具を除く)

市区町村、要介護度によってレンタルできる品目が異なります。詳しくは、お問い合わせ下さい。

 

 

ご利用方法

1:相談の受付

 ご利用をお考えの品目がございましたら、ご連絡下さい。
 カタログをご希望の方は、ご郵送いたします。

 

2:担当ケアマネジャーさんに連絡

 ご利用者様のケアマネジャーさんと連絡を取ります。
 居宅支援事業所とお名前がお分かりでしたら、教えてください。

 

3:レンタル品目の決定

 品目が決まりましたら、納期と金額を事前にお伝えします。

 

4:納品

 ご都合のいい日時を調整、ご自宅までお届け致します。
 用具の利用方法・取扱い方法・注意事項等をご説明致します。

 

5:契約

 ご利用負担金額などを記載した契約書をお作り致しますので、
 内容をご確認いただき、ご捺印をお願い致します。

 

6:ケアマネジャーに報告

 担当ケアマネジャーさんに報告致します。

 

7:モニタリング調査

 納品1週間後、問題が生じていないか確認の連絡を致します。

 

8:定期点検・アフターフォロー

 6ヶ月に一度、適正に使用されているか、故障がないかを点検致します。

 

 

ご利用料金

ご負担金額

 ご利用頂いておりますレンタル品目の1割が負担金額となります。

お支払い方法

 1カ月分のご利用料金を、翌月に集金させて頂きます。

口座引き落とし、銀行振り込みは取り扱っておりません。

 

ページの先頭に戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ